Some day,Some case,Some place

カメラを肩にぶらりと撮影に出かける。"何の目的もなくブラブラと"実は真っ赤な嘘である。
≪ 傑作をものにしてやろうの下心が見え見え ≫
多くの場合、あの場所でこうゆう写真を撮ろうと、一応の見当を付けて出かける。
結果は空振り三振で屑の山。でも、時には偶然の出会いで、思いもよらぬ拾い物がある。
これが楽しみで、今日も撮影に出かけている。

画像をクリックするとインデックスが開きます。



ウ ラ な んば
2016/05/25 掲載(10点)
硝子の向う U
Opposite side of glass
2005/12/25 掲載(15点
硝子の都市 光と影
city of glass the light and shadow
2005/11/25 掲載(15点)
風見鶏の見える町
The town which sees
a weathercock
2005/03/06 掲載(20点)
造船所のある町
The town which has a dockyard
2004/11/15 掲載(15点)
硝子の向こう
Opposite side of glass
2004/06/25 掲載(15点)
ぶらりアメリカ村
The town where the youngster
gathers " AMERICA VIL MURA "
2004/02/25 掲載(25点)
虚と実像の路
2003/10/24 掲載(15点)
ひと夏の須磨海岸
Summer on suma beach
2003/09/18 掲載(20点)
神戸・旧居留地 U
2003/06/24 掲載(25点)
路地逍遥
2003/04/25 掲載(18点)
路面電車の走る町
2002/12/10 掲載(20点)
腐朽印・トンネルの怪
2002/10/25 掲載(7点)
開発の谷間
2002/06/28 掲載(19点)
雨の遊園地
2002/03/29 掲載(12点)
神戸・旧居留地 T
2001/11/02 掲載(20点)
街の漏れ陽
2001/11/02掲載(11点)

トップへ
戻る