神戸・旧居留地 Prolog
THe old settlement trace Prolog in the Kobe

“お洒落な香り漂う街・神戸”
その原点は、1868年神戸港開港とともに開かれた外国人居留地にあると思う。
広くて美しい並木道、ガス灯と煉瓦造りの歩道に石畳の十字路と見事な佇まいの町であったと言う。
第二次世界大戦で焦土と化し、阪神大震災で大きな被害を受けたが、
今なお当時を偲ばせるものを残しつつ、
不死鳥のごとく復興され様としている。

表記されている地番などは、外国人居留地が築かれた当時のものを使用した。


























トップへ
戻る